先生が語る大人の音楽

先生が音楽について語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

サンソン・フランソワ「ショパン名曲集」

20070928103829.jpg

ジャケットに写っているのは、フランスが誇る名ピアニストのサンソン・フランソワである。この時期には、まだ精悍な若者の面影を残しているが、このあと、今でいうメタボ状態になっていってしまい、46歳の若さで亡くなっている。

彼の音楽を聴くと、つくづく天才の音楽だと思う。彼は、5歳でピアノをはじめ、アルフレッド・コルトーに見出され、14歳でパリ音楽院に入学。16歳で首席で卒業している。このような天才少年が行きついた音楽が、レコードの溝に刻まれ、今はCDのパッケージに封入されている。

フランソワが得意としたのは、ショパン、ドビュッシー、ラヴェルといったフランス人の作曲家。それから、スクリャービンやプロコフィエフなどロシアものを少々。ベートーベンは、肌に合わず大嫌い。モーツァルトもそんなに好きではなく、クラシックの王道であるドイツ系の作曲家を取り上げることは少なかった。例外は、シューマンとバッハくらい。

彼の演奏の特徴を一言でいえば、テンポの揺らしである。インテンポ、つまり一定のテンポを維持するのではなく、遅くなったり早くなったり時間が伸び縮みする。音色のコントロールとテンポの揺らしで、本当に心地よい気分にしてくれる。

クラシックをある程度聴いている人には、本当は好きなんだけれども口が裂けても好きだと人には言えない通俗名曲がある。私にとっては、ショパンのノクターン2番である(あー恥ずかしい)。でも誰の演奏でもいいわけではなく、フランソワでなければダメ。彼のテンポの揺らし方が私の生理に合っているのかもしれない。息を引き取る瞬間。本当にこの演奏を聴いていたいと思う。

クラシックには、テクニックとメカニックの2つがあるとよく言われる。楽譜の内容を忠実にリアリゼしていく能力。正確にトチることなく弾く能力は、テクニックではなくメカニックである。おそらくフランソワも、天才少年と言われていた頃は、このメカニックが優れていたに違いない。しかし、演奏家にとって重要なのは、テクニックである。テクニックとは、聴かせる能力、感動させる能力のことである。

往々にして、正確な演奏はつまらない。音符どおり弾くだけで感動を呼ぶことができれば、演奏家はいらず、機械に演奏させればいい。作曲家と聴衆との間にピアニストという人間が存在して「表現」していく。その表現力のベースには、ある程度のメカニックも必要であるが、そこに何を付加するのか。その付加されたものが、人間の感情に訴えかけ感動を呼び起こすのである。

彼は、コルトーやマルグリット・ロンといった当時フランスで活躍していた一流の音楽家の教えを受けていた。その影響もあって、技術よりも表現力を磨く方に力を注いだ。練習もそこそこに、賭けごとやお酒におぼれ(晩年はアル中だったという噂)、人間の憂いや人生の悲しみを知ることで、テクニックを身につけていった(芸のためなら、女房も泣かすぅ~)。

フランソワが表現しようとしたのは、おそらくショパンが暮らしたフランス・パリの空気である。どの町にも、その町特有のにおいがある。雨にぬれた石畳。そこから漂ってくる濡れ落ち葉の匂い。カフェから漂ってくるコーヒーの香り。ブラッセリからはパンの香り。排気ガスと体臭とほんの少しのコロン。そんなにおいが複雑に入り混じってパリの空気を作っている。私がちょっとだけ経験し記憶している空気感を、フランソワの演奏はよく表現できていると思う。

もちろん、天才の音楽は一面的ではない。夜の深さ、暗闇の怖さを悪魔的に表現した演奏(スクリャービンのピアノソナタ3番やラヴェルの夜のガスパール)、天使が羽根で弾いているような演奏(ドビュッシー)など、一筋縄ではいかない。どれもこれも、フランソワという人間を通して表現される音楽であり、やっぱり曲というのは、演奏家に刺激を与える素材にすぎないのだなあ、という意を強くする。

とはいいながら、フランソワの濃い演奏から浮かび上がるショパンという演奏家兼作曲家の天才性も、このアルバムからは十分に感じ取れる。曲としては、スケルツォ2番とバラード1番は凄い名曲であり、ミケランジェリとフランソワの演奏を聴き比べてみると面白い。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いつもみています。
いつも勉強させられることばかりです。

ある一つの芸術作品を独自のテクニックで演奏し、それをまったく違ったように、そして、原曲のよさを失わないようにしていくのはほんとうにすごいことだとおもいます。

新しいものになり、それが模倣ではなく、新たな芸術作品としての創造に至る。

ある画家の作品がまた別の画家の感覚を刺激し、新たな作品を生むというのとあまり変わりはないくらいすばらしいことであるとおもいます。
僕は模倣も創造につながるという点ではとても重要であるとおもいます。

このブログを読み、演奏者も作曲者とかわりはなく創造的であると感じました。

いとう | URL | 2007年10月05日(Fri)00:56 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。