先生が語る大人の音楽

先生が音楽について語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

イエス「危機」

イエス/危機

このジャケットは、イエス(なんてポジティブなバンド名!)というプログレのバンドが1972年に発表した最高傑作「危機」"Close to the Edge"である。

このジャケットは一見地味だが、彼らのアルバムの多くは、ロジャー・ディーンによって描かれている。以前ピンク・フロイドのときに紹介したヒプノシスと並ぶロック・アルバムの世界で有名なジャケット・アーティストである。このアルバムも、LPのときには、2つ折りの内側に、曲のイメージにピッタリな「崖」のイラストが描かれていた。

イエスの「危機」は、日本のプログレファンのサイトで、アルバム人気投票1位を獲得したアルバムである。つまり、日本のファンの間では、「クリムゾン・キングの宮殿」、ピンク・フロイドの「狂気」よりも人気がある。プログレの真髄を味わいたいと思うならば、まっさきに聴くべきはこのアルバムである。プログレのすべてがパッケージされていると言ってもいい。

イエスのヴォーカルは、ジョン・アンダーソン。グレッグ・レイクの後釜でキング・クリムゾンのヴォーカルを担当するという話もあったという逸材で、実際、クリムゾンの「リザード」というアルバムでタイトル曲を熱唱している。曲のコンセプト、歌詞・作曲においても中心的な役割を果たしている。

ギターがスティーヴ・ハウ。聴いてもらえばわかるが、天才ギタリスト。複雑なパッセージを難なくこなす。ベースは、クリス・スクワイア。私は、イエスのサウンドの鍵のひとつは、彼のベースサウンドにあると思う。スペイシーな音空間を作りつつ、サウンドにうねりを持たせる。しかも、タイム感覚は正確無比。

そして、ドラムスは、いわずと知れたビル・ブラッフォード。イエスのキャリアをスタート地点として、キング・クリムゾンの第2期・第3期の黄金期を支え、UKなどの中心メンバーに。超絶的なテクニックがよく指摘されるが、それよりも、他のメンバーのプレイを支える力がすごい。

そして、キーボードがリック・ウェイクマン。ストローブスというフォークバンドに籍を置いていたが、彼のキーボード=イエスのサウンドだと言ってしまおう。イエスのサウンドは、プログレバンドの中では一番クラシック色が薄いが、彼の教会のパイプオルガンのようなサウンドとアンダーソンの訳のわからない抽象的な歌詞が「プログレ」を成立させている。ウェイクマンは、おそらく相当なわがままで、イエスをやめたり復帰したりを繰り返す。イエスのアルバムの中で、彼が参加したアルバムは、無条件にOK。参加していないアルバムは、要警戒。

つまりは、オールスターキャスト。5人の天才プレーヤーが我を張らずに曲の完成に向けて、収斂していく。完璧なコーラスワーク。乱れを見せないアンサンブル。タイトル曲"Close to the Edge"は、19分近くかかる大曲だが、このあと発表されたライブアルバム「イエス・ソングス」で、完全生演奏している。しかも、演奏時間もほぼ同じ。

聴きどころは、なんと言ってもタイトル曲。LP時代には、この曲でA面全部を占めていた。長い曲だが、まったく飽きない。組曲になっており、1つのモチーフを維持しながら、めまぐるしく曲が展開する。別の曲として作曲されたメロディーを、詞によって共通性をもたせつつつなぎ合わせ、ひとつの曲としての統一性を保っている。

この方法論で有名なのは、ビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」のラストを飾る"A Day In the Life"。これも、ポール・マッカートニーが作った中間部分を、ジョン・レノンが作った曲でサンドイッチしたもの。そして、最後に衝撃のピアノクラスター。

"Close to the Edge"のめくるめく展開に翻弄させていると、最後にとてつもない感動が待っている。どんどん盛り上がっていき、"I Get Up, I Get Down"というフレーズで迎えるフィナーレ。そう。フィナーレというのにふさわしいエンディングを迎える。ヘッドホンで大音量で聴いていて、この部分で、まったく感動できない人がいるとしたら、音楽的な感性が自分には欠けている思って、音楽を人生の糧にするのはあきらめた方がいい。

次の収録されている"You and I"も、"Siberian Khatru"も、プログレらしい名曲。これほどまでに完璧な内容をもち、退屈な部分がないプログレのアルバムは、そうない。このアルバムでイエスの魅力にはまったら「こわれもの」と「究極」は、聴いて欲しい。めくるめく感動が待っている。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/meannano/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

みんな の プロフィール | URL | 2008年01月02日(Wed)17:09 [EDIT]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2015年05月11日(Mon)14:36 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。