先生が語る大人の音楽

先生が音楽について語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ロッド・スチュアート「アトランティック・クロっシング」

ロッド・スチュアート/アトランティック・クロッシング
この派手派手しいジャケットは、ロッド・スチュアートというイギリス最高のロックボーカリストの作品である。

今の若いリスナーで、ロッド・スチュアートという人を知っている人はいるのだろうか? 知っている人がいても、スタンダードナンバーを歌い続けているオジサンとしてのイメージしかないのではないのか。はっきり言ってしまおう。ロッド・スチュアートは、かつて、ストーンズのミック・ジャガー、ヴァン・モリソンに匹敵する名ボーカリストとして名を馳せたロック界の最重要人物なのである。

彼は、1回前に取り上げたトム・ウェイツ同様、いや、それ以上のシワガレ声である。酒の飲みすぎで声を潰したともいわれる。しかし、そのシワガレ声で繰り出される力強いシャウトは、ロックボーカリストの規範となった。

彼は、18歳から音楽活動をはじめ、いくつかのバンドを渡り歩いた後、21歳の時にジェフ・ベックのグループに加入する。そこで完成されたバンドフォーマット、つまりボーカリストは基本的に歌に専念。ギタリストは、ひとりでガンガン弾きまくるという演奏パターンは、レッド・ツェッペリンのモデルになったもので、事実、当時のジェフ・ベック・グループのレパートリーとツェッペリンの初期のレパートリーは重なる部分が大きい。もっとはっきり言ってしまうと、ツェッペリンは、ジェフ・ベック・グループのコピーバンドとしてスタートしたのである。

このバンドがもう少し続いていたら、ロック史に残る名盤を次々と生み出していったと思うが、ジェフ・ベックにバンド運営能力はなく、音楽上の意見の対立からロッドはあっさりと脱退。スモール・フェイセス(のちにフェイセスに改名)をロン・ウッドと結成する。ロン・ウッドは、のちにセカンド・ギタリストとして、ストーンズに参加する。このフェイセスは、商業的にも成功し、ロッドは、イギリスの女の子たちのアイドルになる。

フェイセスと並行してソロ活動も展開。いい曲を見つけてきては、せっせとソロアルバムの方に録音していた。バンドのアルバムを手抜きしているとの非難を浴びてしまい、フェイセスの人気が絶頂だったにもかかわらず、バンド脱退を余儀なくされる。そして、「ガソリン・アレイ」「エヴリィ・ピクチャー・テルズ・ア・ストーリー」といった名作アルバムを発表する。ボブ・ディラン、エルトン・ジョンから、モータウンのR&Bグループの曲など、卓越した選曲眼で、自分の声質にあった曲を見つけてきていた。

「エヴリィ~」に入っていた"Maggie May"は、英・米の両方のチャートでナンバーワンヒットを記録した。これを機に、大西洋を渡り、巨大マーケットであるアメリカに拠点を移して活動することを決断する。そして、発表されたのが「アトランティック・クロッシング」である。

実は、このアルバム。CDでは魅力が伝わらないかもしれない。LPの頃は、A面がファーストサイド、B面がスローサイドとなっていて、私は、ひたすらスローサイドを聴いていた。しかし、CDでは、そのままかけると、ファーストサイドが始まってしまう。

このアルバムのスローサイド。キング・クリムゾンのファーストのA面、ビートルズの「アビー・ロード」のB面と並んで、アルバムの1面単位においては、私の中ではベストスリーに入るほど気に入っている。1曲目は、エヴリシング・バット・ザ・ガールもカバーした名曲"I Don't Wanna Talk About It"。「もう話したくない」という邦訳はどうにかして欲しいが、これはスゴイ名唱。

ロッドは、シワガレ声ではあるが、特にスローな曲を歌った時に、歌詞の意味が直接心に突き刺さってくる印象を受ける。言葉を大切に大切に歌っているのだ。絶対に寝起きに聴いてはいけない音楽。寝る前に部屋を暗くしてしみじみと聴いてください。

2曲目は、"It's Not the Spotlight"。夜の雰囲気がよく出ている。シワガレているが、老人の声ではなく、何か甘酸っぱい青春のイメージを持たせる声。3曲目は、"This Old Heart of Mine"。アイズレー・ブラザースの名曲。ロッドは、"Twisting the Night Away"など、ソウル系のメロディアスな曲を歌わせると絶品。

4曲目、朴訥としたラブソング"I Still Love You"を経て、最後に壮大なスケールの"Sailing"。この曲もカバーだが、ロッドのこれが決定版。武道館に観にいったライブでも、この曲がラストナンバーで演奏された。これを聴いて感動しない人は、たぶん感性が鈍いのだろう。高校時代カセットテープにお気に入りの曲を編集して、ウォークマンで聴いていたが、キング・クリムゾンの壮麗な"Epitaph"がフェイドアウトしていった後に、光がさっと差し込むようなイントロをもったこの"Sailing"をラストに持ってくるというパターンが好きだった。

この後に発表した「ナイト・オン・ザ・タウン」「明日へのキックオフ」も同程度の名盤。その後、だんだんとパワーダウンしていく。考えたら、彼は1945年生まれだから、もう63歳。スタンダードも歌いたくなるわな。まだまだ、スタンダードシンガーとしては、フランク・シナトラの足元にも及ばないが、いつか小さなホールで、彼の歌をじっくりと聴いてみたいと思う。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。