先生が語る大人の音楽

先生が音楽について語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

レーナード・バーンスタイン「マーラー交響曲全集」

レーナード・バーンスタイン/マーラー全集
久しぶりにクラシックの話を。これは、アメリカ生まれ、アメリカ育ちのレーナード・バーンスタインの残した世界文化遺産ともいえる「マーラー全集」である。右がマーラー、左のいい男がバーンスタインである。

ひとりだけ好きな指揮者を挙げろと言われたら、バーンスタインを選ぶかもしれない。彼は、晩年、ドイツの名門レーベル、グラモフォンと契約し、ウィーンを拠点に、すっかり大物指揮者としての風格を身につけていた。

しかし、晩年の彼がウィーンフィルと残したベートーベンなどを聴いてもピンと来ない。私が好きなのは、アメリカのニューヨークフィルの主任指揮者として、コロンビア(今はソニー)に大量の録音をしていた時期である。

彼は、おそらく史上最高のマーラー指揮者として、記憶されるだろう。マーラーの交響曲がほんの一部しか取り上げられない時代にあって、全集を完成させたのも彼だし、その曲としての魅力を卓越した構成力で世に知らしめたのも彼の功績である。そのほかには、アイヴスやシューマンの演奏も好きである。

バーンスタインのマーラー演奏に惹かれるのは、彼の存在そのもの、人生そのものがマーラーの交響曲と共鳴し合っているからだと思われる。バーンスタインを理解するキーワードは、ただひとつ「分裂」である。

作曲家と指揮者。彼は、史上最強のミュージカル作曲家になりえた。彼が若かりし頃作曲したのが、あの有名なミュージカル「ウェスト・サイド・ストーリー」。ひとつひとつの曲の質の高さ。全体を貫くモチーフ。「キャッツ」や「オペラ座の怪人」を作曲したアンドリュー・ロイド・ウェバーのミュージカルをしのぐと思う。彼は、超カッコいいスター指揮者として仕事をこなすら、交響曲を中心にコツコツと作曲を続けた。ところが、これがため息が出るくらいの駄作。交響曲というフォーマットに自分の曲想を無理やり押し込んでいる印象で息苦しい。

アメリカとヨーロッパ。彼は、おそらく死ぬまで、ヨーロッパ文化に対するコンプレックスを持ち続けたに違いない。アメリカのオケは、技術的にはヨーロッパのオケよりも上をいくところが多いが、無味無臭で無個性に聞こえてしまう。そういうオケを使って、個性的で尖がった演奏をして、名をなしたわけだが、晩年はウィーンフィル伝統のまろやかな薫り高い音に魅せられて、海千山千のヨーロッパ人に籠絡される。晩年の演奏は、マーラーなど一部を除いて、今の耳に聞くと、どこか「かったるい」演奏になってしまっている。

教育者と発展家。彼は、クラシックの啓蒙に熱心で、テレビ番組まで持っていた。語りが上手で、文章も論理的。アメリカの一般大衆にクラシックの魅力を伝えるために、努力を惜しまなかった。小沢征爾など、弟子もたくさん育てた。一方で、アメリカ人が抱える様々な社会的病理を体現する存在でもあった。性の問題(奥さん子供がいたが、男色の噂が絶えなかった)、ドラッグの問題などなど、危うい噂に囲まれていた。

ユダヤ人とリベラル。彼は、アメリカのリベラルな知識人として、社会問題に積極的に発言していた。ビートルズの音楽性についても、いち早く認めていた。人間性というものに絶大な信頼を置いており、ベルリンの壁が崩壊したときには、東西混成のオケで、ベートーベンの第9をヒューマンに演奏したりした。その彼が、ことイスラエル問題になると、一転タカ派になり、同じ人間の発言とは思えないほど、保守的で、自分勝手は発言を行ってしまう。その血がそうさせたのだろうか。

このような様々な分裂が、バーンスタインという大きな人間の人格の中で統合されている。それは、あたかも、マーラーの交響曲が、一見両立不能なメロディの断片を飲み込んで、ひとつの曲としての一体感をかろうじて保っている姿に似ている。

もちろん、卓越した読譜力、音を聞き分ける力、リズム感、情報処理能力、惚れ惚れする指揮姿、カリスマ性。指揮者としての資質を最高度に備えていたから、スター指揮者なのだが、カラヤンのように完璧な隙のない人間を演出するのではなく、そういう分裂した人間であることを不用意にさらけ出してしまうところ。それがバーンスタインの魅力だと思う。

バーンスタインは、カラヤンが主任指揮者を務めていた当時のベルリンフィルを一回だけ指揮したことがある。曲目は、マーラーの交響曲第9番。クールでゴージャスな音を出すベルリンフィルが、バーンスタインに煽られ、ドライブし、恐竜の叫び声のような音を出す怪演。このディスクを聴いたカラヤンは、それ以後、けっしてバーンスタインがベルリンフィルの指揮台に立つことを認めなかったという。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。