先生が語る大人の音楽

先生が音楽について語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ビリー・ホリデイ「奇妙な果実」

ビリー・ホリデイ/奇妙な果実
このジャケットは、私が最も愛するジャズ・シンガー、ビリー・ホリデイの全盛期を記録したアルバムである。

女性歌手の世界には、それぞれのジャンルに絶対的な存在がいる。クラシックのオペラでは、マリア・カラス。シャンソンでは、エディット・ピアフ。日本の歌謡曲では、美空ひばり。たぶん、イタリアのカンツォーネの世界にも、ブラジルのサンバの世界にも、スペインのタンゴ・ヴォーカルの世界にも、そのような絶対的な存在がいるだろう。

ジャズ・ヴォーカルの世界では、サラ・ヴォーンという人もいれば、エラ・フィッツジェラルドという人もいるかもしれない。しかし、あと50年ほど経てば分かると思うが(生きてねーよ)、この世界での絶対的な存在は、ビリー・ホリデイであろう。

彼女は、ある意味、歌手として成功したという事実を除けば、想像できる最悪の人生を歩んだかもしれない。路上で生まれたと言われるエディット・ピアフよりも、陰惨な人生である。

売春婦の母親が10代半ばで生んだ娘。幼児期には親戚の家で虐待。椅子に座り腕に抱かれていたお祖母さんが急死。硬直した腕で首を絞められ、目が覚める。この事件で、一生のトラウマを抱える。11歳のとき、15歳のときに、レイプされる。売春で逮捕歴もある。

歌姫として成功した後は、大麻・コカイン・LSD、あらゆる麻薬に手を出し、2回ほど刑務所のお世話になり、ライセンスを剥奪され、酒を出す場所では歌えなくなってしまう。ヒモやギャングの情婦で、稼いだお金はすべて彼らの遊び代と麻薬代に消えていく。

晩年は、声もしわがれ、音程も不安定に。リズムが合わなくなり、専属のピアニストには逃げられ、バンドから見放される。新曲の歌詞を覚えるのもままならなかったらしい。

そして、ボロボロになって、44歳の短い生涯を終える。

この絵に描いたような転落人生の中で、しかし彼女は、その歌をレコードの溝に刻んだ。そこで聴かれる彼女の歌は、聖母の歌のように清らかで、それを聴いた人を魅了して、癒していく。そのビリー・ホリデイが人気の面でも、技術的にも、もっとも充実した時期の作品集がこれである。

タイトル曲の"Strange Fruit"(奇妙な果実)とは、リンチを受けて木につるされ、焼かれた黒人の死体のことである。

Southern trees bear strange fruit
Blood on the leeaves and blood at the root
Black bodies swinging in the southern breeze
Strange fruit hanging from the poplar trees

訳す必要もないほど、簡潔に描写されたシーン。ルイス・アレンという高校教師が書いたこの詩に出会ったビリーは、これを歌にしようと思い立つ。ビリー本人も作曲に関わったと自伝には書いているが、実際にはルイスひとりが作曲も手がけた。

この限りなく悲惨な曲を、怒りを胸の奥に押し込めるようにして、淡々と歌い紡いでいく。後から、悲しみが追いかけてくるような感じである。このことからも分かるように、彼女は、運命にただただ翻弄されていたわけでなく、人種差別に敢然と立ち向かう強い意志を持っていた。

このアルバムには、"Yesterdays","I Cover the Water Front", "I'll be Seeing You"といった名唱が収められている。限りない優しさに満ちた歌声で、心を包み込んでくれる。これ以外のアルバムには、"Lover Man"や"Don't Explain", "God Bless the Child"といった国宝もののレコーディングもある。

しかし、私が最も好きなのは、20歳前後のビリーが、当時愛人だったサックス奏者、レスター・ヤングと残した演奏をコンピレーションしたアルバムである。その「ビリーとレスター」と題するアルバムでは、才能溢れる二人の若い男女が、無限に広がっていく夢を語り合っている。

死の前年、レスター・ヤングの訃報を知ったビリーは、葬儀に駆けつけ参列した。しかし、レスターの妻は、ビリーがそこで歌うのを拒否したという。何を歌うつもりだったのだろう。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。