先生が語る大人の音楽

先生が音楽について語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ジミ・ヘンドリックス「エレクトロニック・レディランド」

ジミ・ヘンドリクス/エレクトロニック・レディ・ランド
このジャケットは、史上最高のロックギタリスト、ジミ・ヘンドリックスの最高傑作といわれる「エレクトロニック・レディランド」のジャケット。ただし、オリジナルは、これではなく、女性のヌードが使われていて、物議をかもした。

ローリング・ストーン誌が選ぶグレイテストギタリストで、ジミ・ヘンドリックスは、見事1位に輝いた。彼は、66年にデビューして、70年9月18日に亡くなっているから、活動期間は、たったの4年しかない。4年で、ロックの歴史に永遠の名を刻んだのである。

彼の演奏に最初に出会ったのは、耳からではなく目から。映像作品である。「ウッドストック」という映画。ベトナム戦争に反対し、愛と平和の名の下、数十万人の若者がウッドストックという町に集まって行われた歴史的なロックイベントである。

ここには、サンタナ、ザ・フー、クロスビー・スティルス・アンド・ナッシュなどが出演していたが、ジミ・ヘンドリックスは、「とり」。といっても、予定が延び延びになって、彼が出演したのは、夜明けになっていた。聴衆のかなりの人が帰った後、殺伐とした空気、散乱するゴミ、強風が吹きすさぶ中で、アメリカ国歌「星条旗よ永遠なれ」を颯爽と演奏したシーンは、印象的だった。

誤解のないように言っておくが、彼は、右翼なのではない。愛国心を表現したのでもない。アメリカという国に対する怒り、人間に対する失望を、ノイズ・轟音とともに表現したのである。のちに、この演奏を見たストーンズのミック・ジャガーは「60年代最高のロックパフォーマンス」と評した。

なぜ、彼の演奏が心を打つのだろう。もちろん、有無を言わさない最高のテクニックがある。彼は、ノエル・レディング(ベース)、ミッチ・ミッチェル(ドラムス)と、エクスペリエンスという3人組のバンドを組んでいたが、とてもギター1本で演奏しているようには思えない。エフェクターを駆使して、フェンダー・テレキャスターというギターから考えられるあらゆる音色を生みだしていた。

そして、圧倒的な即興能力。「ウッドストック」のときのジミヘンの演奏だけを収録したCDや、公式・非公式に売られている数々のライブ盤を聴くと、あふれ出るアイディア、ギターを慈しんだり、いじめ抜いたりして表現される様々な感情。全然飽きない。

そういったライブ盤に比べると、ここで紹介する「エレクトロニック・レディランド」は、スタジオで作りこまれた感じが強い。なんと、キーボードには、スティーブ・ウィンウッドも参加している。最初の1曲から、音が右から左、左から右へと飛び交い、頭の中をかきまぜられる感じがする。

ここに収録された"All Along the Wachtower"は、もちろんボブ・ディランの名曲。ただし、この曲を聴いて、ディランの元ウタを聴くと、がっかりする。実は、ディランは、ジミヘンのアレンジを聴き、それをフィードバックして、自分がライブでは、ジミヘン版"All Along~”を演奏していた。それだけ、ジミヘンの演奏は、曲の本質に迫っていた。

彼を尊敬するミュージシャンは多い。ウッドストックにジミヘンを出すべきだと主張したのはポール・マッカートニーだし、ジェフ・ベックとは、お互いに尊敬し合っていた。前の回に紹介したフランク・ザッパは、ジミヘンがステージで燃やして焼け焦げたギターを大切に所有していた。クラプトンは、一緒に共演したときに「お前はベーシストになった方がいい」と言われて喧嘩したらしいが、名作「レイラ」で「リトル・ウィング」をカバーしている。

そして、あのジャズの帝王マイルス・デイヴィスが、このジミヘンとの共演を切望し、実現寸前までいっていたという。それが実現しなかったのちも、自分のバンドのギタリストに「ジミヘンみたいに弾け」とうるさく言っていたらしい。もしもふたりが共演した作品があったら、ロック・ジャズを超えた人類史上の宝になっていたかもしれない。

ギターという楽器からあらゆる音色を引き出し、あらゆるニュアンスを表現したジミヘンであったが、そのようなギタリストとしての魅力に加えて、ボーカリストとしての魅力も感じる。低音で吐き捨てるように歌う方法は、ディランの影響も色濃いが、アメリカでは、「ブラック・エルビス」と呼ばれたこともある。

しかし、なぜか黒人コミュニティには「裏切り者」のレッテルを貼られて、人気がなかった。先日、テレビのドキュメンタリーで、モハメッド・アリとジョー・フレイジャーのことが放映されていた。アリは、黒人至上主義者でベトナム戦争反対論者、一方フレイジャーは、たたき上げのスポーツマンで白人にも人気があった。ふたりの一騎打ちに際して、アリ側は、黒人対白人の戦いという宣伝を繰り広げ、フレイジャーは「アンクルトム」(白人に媚びる黒人)というレッテルが貼られる。フレイジャーの方が貧しい苦労人で、黒人労働者の境遇を肌身にしみてわかっていたにもかかわらず。

私は、アリの華麗なボクシングが好きでファンだったが、この話を聴いて、彼を大っきらいになった。ジミヘンの演奏にも、フレイジャーと同じような苛立ちを感じる。自分の育ったコミュニティから疎外される言いようのない悲しみ。

ジミヘンの音楽のバックボーンには、ブルースがある。もちろん、それを自分の音楽に昇華しているわけだが、このブルースの味は、何度もこのブログに書いているように、白人アーティストには絶対に出せない。

彼は、麻薬に手を出しており、心身はボロボロになっていった。最後には、睡眠薬の多量摂取が原因で亡くなったという。70年という年は、それ以外にも、ジャニス・ジョプリン、ドアーズのジム・モリソンなど、かけがえのないロッカーたちがこの世を去っている。

ロックの力によって、愛と平和のメッセージによって、世界を変えることができるっていう考えが幻想ではないかと、だんだん疑われ出すのもこの時期である。、いまだパティ・スミスのように、ロックの力で世の中を理想の世界に導くことができると信じているアーティストもいるけれども。ジミヘンの音楽を聴くと、まだロックの幻想が効力を発揮していた時代の空気を、胸いっぱいに吸うことができる。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2012年10月31日(Wed)22:05 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。